オーディオ・ホームシアター展2015 行ってきた

最近、ブログらしいブログを書いてなかったので、
形にこだわらず雑記っぽい形で書いていこうと思う。
まぁ、近況報告だと思ってください(笑)

とゆわけで、大江戸温泉近くにあるTime24って所で開催してた
オーディオ・ホームシアター展2015 になんとなく行ってきた。
最近流行のDolby Atmosがどんなもんか体験したかったのね。

うちのAV環境はプロジェクターとサラウンドヘッドホンのみで、
ヘッドホンでもある程度のサラウンド感は出てるんだけど、
やっぱちゃんとした環境で聞いてみたくなるじゃない。

マンションだからそんなに大きな音は出すことできないけど、
平日休みの昼間くらいなら大音響で映画見てもいいかなって。

入場してパンフもらって他に何かあるかなーって見たら、
Suaraさんのトークショー やってたのでこっそり参加w

録音フォーマットにおける現時点の最高スペックとなるDSD11.2MHzで
録った曲の収録秘話とか、えらい高そうなスピーカーで再生したり。

たぶん TAD Reference One かな?
1本350万、2本で700万円とかwww

音楽なんて聴ければ音質はある程度でいいでしょ!
なーんて思ってるうちでも凄い!って思える音でした。
細かいこと書くと知識ないのばれるので書かないw

Atmosコーナーはうちが欲しいAVアンプの上位機種で35万相当。
スピーカーは基本的な7.1chにサブウーファをもう1台追加して、
天井スピーカー4本設置の 7.2.4ch のセッティング。

プロジェクタースクリーンが150インチで、
プロジェクターはまだ未発表の物らしい。
全部セットで300万くらいのシステムw

細かい音の繊細さとかは全く分からないんだけど、
上にもスピーカーがある事で包まれてる感は凄いね。
雨のシーンは臨場感がハンパ無かった。

ただ、映画全体で見るとそこまで必要かなって?w
映画は客観的な視線で撮ってることが多いから、
水中とか、雨とか、あとは戦闘シーンくらいかな?

アニメが主だと5.1chですら作ってないしね。
映画のここさけとARIAは5.1chで作ってるけど、
劇場では数シーンしか感じなかったもんなー。

まぁ、AVアンプもスピーカーもない環境なので、
Atmos対応アンプは買うけど、3chから始めます。
低音は響くのでウーファーなしの方向にしたい。

個人的には、アニメ特典のオーディオコメンタリーを、
本編の音と台詞はフロントに任せて聞けるようにしつつ、
オーディオコメンタリー部分をサラウンド側に回して、
キャストが自分の真横で喋ってる感じが欲しいね。

環境整えてる人なんて少数だから現実しないだろうけど。

話を音展に戻して、NHKブースでやってたスーパーハイビジョンの
8K+22.2chの体験もしたけど、一般家庭に8Kはいらないねw
むしろ映画館でこそ8Kで見れるようにするべきじゃないかな。

大画面はプロジェクター買えば視聴位置でなんとかなるから、
大音量で聞くってくらいしか映画館の利点はもうないよね。

Atmosコーナーでメーカーの人も言ってたんだけど、
今は映画館を凌駕するシステムが家庭用で出来るって。

確かにアニメ作品だと、劇場で見るのは解像度甘いよね。
若干ぼやけてる感じがするのがいつも気になってた・・・。

それがBDになると、画面がちっさくなるからぎゅっとなって
ぼやけてるのも気にならなくなるんだろうけど・・・。

そーゆー所を気にしてる人ってどれくらいいるのかなー。

関連記事(同じタグの記事が新しい順に表示されます)
トラックバックURL
当サイトへのリンクがないトラックバックは、迷惑トラックバックと判断されます

コメントを投稿する





コメントはありません